ponponpon


ぽんぽんぽん

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます

 

コテパーマ大好き理容師

 

ハートとコテはアツアツ!!

 

大分県宇佐市四日市

 

ヘアーサロンみついしの

 

 

 

熱男(ねつお)

 

こと

 

三石利徳【みっつん】です(^o^)

 

 

よろしくお願いします(*´∀`*)

 

↓ホームページ↓

 

メニュー表です

 

 

当店の注目メニュー

 

 

メンズコテパーマ

 

 

おさまらないサイドや潰れるトップのお悩み解決のお手伝い

どんな短い髪でも巻ける

ピンピンツンツン馴染まない直毛のマストアイテム

乾かす程に形がキマる形状記憶パーマです

 

 

スキンフェード

 

 

 

スキン=肌

フェード=刈り上げ

肌が見えるくらい激薄に仕上げた刈り上げです

 

 

アメブロの方を中心に

もっとブログの潜在能力を引き出そう

アメブロ活用アドバイザーもしています

もっとブログを使い倒そう!!

アメブロアドバイザーのまとめ記事です

 
 
 

PONPONPON♬

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美味しかったです♬
 
 
 
※銀杏の食べ過ぎは銀杏中毒になる恐れがあるので、ほどほどに
 
 


食べ過ぎ注意!『ぎんなん』には毒がある!? | Hisamatsu Plus(久松プラス) – 博多久松の食へのこだわりを発信するブログメディア
道に落ちているオレンジ色の実を見たことはありますか? あれはイチョウの実でぎんなん(銀杏)といいます。 イチョウも同じく銀杏と書くのでややこしいですよね。 ぎんなんは、いいにおいと言えないほどにおいが強烈でかぶれてしまうので果肉は食べられないのですが、ぎんなんの種は美味しいんですよ。 種は苦味やくさみがあって苦手な人も多いと聞きます。しいて言うなら「大人の味」といったところでしょうか。 その中でも落ちてすぐのぎんなんは苦味やにおいが少ないものもあって食べやすいそうです。苦味がいいという方もいらっしゃるのでお好みですね。 炒りたては、きれいなエメラルドグリーン色の実がホクホクして美味しいので食べる手が止まらないなんてこともあるのですが、この美味しいぎんなんは食べ過ぎに注意だそうです! 今回はそんな『ぎんなん』についてです。 ぎんなんってなに? ぎんなんはイチョウの実になります。 一般的に食べられているものはイチョウの種子。 イチョウは秋の樹木でも有名なので、知らない方は少ないと思いますが、こんなにも身近なイチョウ、実はレッドリストに指定されています。 レッドリストは、絶滅のおそれのある野生生物をまとめ、一覧にしているものになります。 イチョウ科の植物は恐竜がいたとされる中生代から約6,500万年前の新生代にかけ繁栄し、世界各地でイチョウの化石が見つかるほどでした。 しかし、イチョウ科の植物は氷河期にほぼ絶滅。 現在のイチョウは、生きている化石として唯一現存する種だそうです。 身近な植物が実は『世界古来の樹木』で生きている化石と呼ばれていたなんてロマンがありますね。 ぎんなんには毒がある? ぎんなんは食べられる種ではありますが、実は中毒性があるので、食べる際に注意が必要です。 日本中毒情報センターによると 経口中毒量 成人 40~300個 小児 7~150個 この数を摂取すると危険とされています。 参考『日本中毒情報センター』 中毒情報データーベースより:ギンナン 特に、お子様は危険です! 解毒機能が発達していないこともあるので、食べさせないことが安全。 大人でも危険なことがあるそうで「結構、食べても大丈夫なんだなー」なんて思ったら危険ですよ! 健康状態によって、大人でも5~6個で中毒症状が起こるそうです。
 
 
 
 

ブログに最後までお付き合いありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

※ゲスト出演は強制ではありません

 

 

 

苦手な方は遠慮なくお断りくださいね(^^)

 

 

宇佐市の理容室ヘアーサロンみついし

Top Page

 

 

 

 

0978-32-0294

 

 

定休日 毎週月曜日 第三日曜日

 

営業時間 8:30〜19:00迄

 

駐車場6台あります(^^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください