スポンサーリンク

パーマで柔らかい髪も男前度アップのアップバング

このブログを書いてる人
みっつん

大分県宇佐市の理容室ヘアーサロンみついし
理容師の三石利徳【みっつん】です
カットとパーマが大好き
パーマの大失敗の原因究明をブログにすくわれたことがきっかけで
髪の事で悩んでいる方やお店選びで悩んでいる方のお力になれればとブログを始めました

プライベートは二児の父

↓下のアイコンからホームページやSNSにリンクしています↓

みっつんをフォローする
コテパーマ
前髪を上にあげて額を見せる男らしい髪型『アップバング
 
髪が柔らかい人は整髪料つけてもすぐに髪がへたり
なかなかうまくスタイルが決まりません
 

パーマの役割

そんな時に活躍するのがパーマ
 
髪の流れる向きを変えることによって
前に向いてる髪もバックに流れるようにできます
 
パーマと言うとクリクリパーマを想像する人が未だにとても多く
パーマと言う言葉自体を使わずに勧めていくケースなんかもチラホラ
 
 
今回のケース、パーマと言わずに
「前髪落ちない加工しようか?」みたいなふうに勧めるかもしれません
 

今回のゲスト

ちなみに今回のゲストは、いつもブログを読んでくれてた方で
ちょっと足が遠のいていたけど、パーマに自分の可能性を感じてきてくれました

柔く、前に向いた髪

柔らかくてハリが無いと
ドライヤーで乾かしてもワックスつけてもなかなか決まらないんですよね
これだけ張り付いて、流したい向きと真逆の髪
ビフォー ビフォー

コテパーマ

こんなケースに僕がよく使うのがコテパーマと呼ばれるパーマ

『アイロン・コテ』と呼ばれる髪に熱を与える道具を使用し

髪の向きを変化させます

コテ
 
 
 
 
 
 
短い梳かれた髪でも根元から毛先まで自然に巻くことが可能です
 
頂き物でかなり年季が入ってますが
レンツ角アイロンの6mmと8mm
 

方向矯正

今までの梳いたあとがピンピン出てきたのと、生え癖が強かったので
6mmアイロンでフロントと右サイドの根元の生え癖矯正
根元矯正
こうしておくと、乾かした時にバックに流れてくれます
 

全体を巻く

根本だけだと少し不自然さが残るので
そのあと、8mmで全体を巻きました
 
 
巻き終わったらカールを固定する薬をつけて、シャンプーしたら完成です
少し微調整したらバックに乾かし、グリースワックス揉みこみます
 
↓↓↓
 
 
向きも乾かしただけできまる
ばっちりアップバングスタイルになりました
 
同じような例としてこんな事もできます
 
 
 
パーマってイメージではなく、自然に髪の向きを変えるツールのコテパーマ
 
選択肢の一つとして最近きていますよ(^^)
コテパーマ
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
みっつんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
みっつんのブログ

コメント