梳きすぎて崩れた髪の修正!梳き過ぎダメゼッタイ

このブログを書いてる人
みっつん

大分県宇佐市の理容室ヘアーサロンみついし
理容師の三石利徳【みっつん】です
カットとパーマが大好き
パーマの大失敗の原因究明をブログにすくわれたことがきっかけで
髪の事で悩んでいる方やお店選びで悩んでいる方のお力になれればとブログを始めました

プライベートは二児の父

↓下のアイコンからホームページやSNSにリンクしています↓

みっつんをフォローする
カット
スポンサーリンク
手軽に髪の量を減らせる梳き鋏
 
髪が多いから
動きが出にくいから
 
ついついシャカシャカ梳いてしまうと
気付いた時には取り返しのつかない事も
 
梳きすぎるとセットが難しいどころか
デザインが崩れてしまいます
 
今回は、髪質無視して梳きに頼った髪の修正です
 

一部が梳いて欠損

梳きに頼って毛先バラバラ
この時点で向かって右側が欠損しています
 
原因として一つ考えられるのが
【何のために梳くのか】
 
これを見失って、何となく軽くしている場合も
 
 
このゲストの髪は、馴染みの良い髪質
元々馴染む髪だから
 
梳いても梳いても
梳き方次第じゃ馴染むだけなんですよね
 
変化が見えないから、どんどんやっちゃう
 
そして、ある時を境に一気にコントロール不能
本来のラインもあやふやな状態に
恐らくセットできなくなってたんではと感じています
 
以前の僕が意味を理解できずに
こんな仕事していましたから
前回の人を責めたりはしませんが
 
お客さんには関係ないこと。
 
毛先の入れ替えが必要なので時間はかかりますけど
ワックスでイイ毛束出る髪に修正していきましょう
 
女性なら年単位必要だけど、メンズなら数か月で大丈夫
 

数か月後

アフター アフター
 

毛束復活

ドライヤーでバーッと乾かしてワックスつけるだけの簡単セット
明日から再現できない髪は切りたくないんでね(^^
前回がコテパーマでそれもいい感じに活きてます
 
梳きバサミを否定はしないけど
こんな風になっているの見ると
以前の自分もそうだったと いましめになります
 
 
ついつい梳いてしまいたくなるけど
きちんと理屈を持って梳かないと
危険だというお話でした
カット
スポンサーリンク
みっつんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
みっつんのブログ

コメント